組織強化コンサルティング

組織強化ノウハウ

  • HOME »
  • 組織強化ノウハウ

院長先生が、意外とされていないこと(クリニック 医院 福岡 )

・思っていると・伝えている は別次元のことである。そこには、天と地ほどの差がある。   せっかく感謝の気持ちがあっても、それをきちんと伝えている人は少ない・・・

人材の判断基準、持ってます?(クリニック 医院 福岡 )

あなたのクリニックでは 明確な人材の判断基準を持っていますか? 目次 1、判断基準が必要な時2、判断基準例3、基準を決めるだけではダメ4、具体的な判断方法5、大きな話は、ずっと後まとめ 1、判断基準が必要な時 採用の際で …

バガボンド -井上雄彦-の気づきを医院マネジメントに活かす(クリニック 医院 福岡 )

1、バガボンドとは? バガボンドという漫画があります。 スラムダンクという漫画を描いた作者井上雄彦氏の人気作品です。 宮本武蔵の物語を漫画で描いたものですが、作者 井上雄彦氏のオリジナル要素も多く(それが良い)斬り合いの …

組織マネジメントの上で、技術よりも、好かれるよりも、大事なこと(クリニック 医院 福岡 )

クリニック内で、 院長対スタッフ全体 の対立構造ってのは、よくある話です。 1、医院の仕事で大事なのは「関係性」 クリニックは 数百人いるような組織ではなく、 少数精鋭型の組織ですから、 院長とスタッフ様の関係性は 非常 …

新人教育の落とし穴(クリニック 医院 福岡 )

新人教育は、かなり大事な業務なのですが、 日々の診療や、忙しさからか 軽視するクリニックもゼロではないと思います。 その新人教育に関して 気をつけるべきことは多岐に渡るのですが、 その一部を紹介いたします。 目次 1、一 …

スラムダンク -井上雄彦-の気づきを医院マネジメントに活かす(クリニック 医院 福岡 )

漫画 スラムダンクを読んだことはありますか? まあ、バスケの漫画なのですが、バスケの話に留まらず、いろいろな示唆に富み、学びの多い名作です。 1、スラムダンクとは? 元不良学生であった、主人公の桜木花道が、高校からバスケ …

組織でよく見る、嫌われる人(クリニック 医院 福岡 )

他人の「ダメ」を探す人が嫌われて、 自分の「ダメ」を探して改善していく人が好かれる。 とてもシンプルな話。 大事なのは、 知識としてだけでなく、本当に自分ができているかどうか。

院長先生の「失敗しない伝え方」(クリニック 医院 福岡 )

あなたが、クリニック内でのミーティング等、何かを伝える時、スタッフの方々はちゃんと聴いてくれていますか? 目次 1、従業員の意識2、メッセージは、聞くべき人こそ伝わらない?3、伝える時に、大事なこと4、畏敬の念を持たれる …

院長先生に多いミス(クリニック 医院 福岡 )

目次 1、意外とやってしまうミス2、具体的には?3、やってしまう判断基準まとめ 1、意外とやってしまうミス クリニックの院長先生で、意外に多いミスがあるのです。 それは何かと言うと… 従業員や患者様を「イメージで判断する …

« 1 2
PAGETOP
Copyright © 鳳雛(ほうすう) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.