今回は、

「マーケティング 2(優先順位と気構え)」

に関してお伝えいたします。

 

1、要点

・医院に行けば、やることなんて山ほどあるから、
マーケティングの優先順位を、本当に上げる
・院長のマーケティングに前向きなスタッフは多くない
・マーケティングの実行に、スタッフの協力は必要だから、
まずはスタッフの一人だけでも味方につける

 

2、ノウハウ以上に、気構え

具体的なマーケティング手法をお伝えする前に、
絶対に避けられないのが、

院長がマーケティングに対して、
本当に重要性を感じて、
優先順位を上げることです。

精神論のように聞こえますが、
ここができていない院長は少なくない・・・

日々のすべきことに忙殺されると、
どうしてもマーケティングを疎かに考えるのです。

どんなノウハウよりも、
この院長の『気構え』が結局は一番大事になります。

なぜならば、
マーケティングは一定期間、
「継続」
が必要となるからです。

継続するには、
「これは重要だから、なんとしても継続するんだ!」
という気持ちが大事です。

医院に行けば、
いくらでも、他にやることはあります。
PCを開けば、誘惑も多いです。

さらに、
経営のことをよくわかっていないスタッフからは、
「そんなことをする時間があったら、他のことをしてください」
という空気が漂います。

何やっているかわからないマーケティングなんかより

・「診療に力を入れてくれ」
・「患者様とのコミュニケーションを重視してくれ」
・「私たちの労務のことを早く整備してくれ」

スタッフにしたら、本音はこんなところです。

・そんな空気の中でも、
・スタッフの協力の得つつ、
・結果がすぐに出ないからといっても、

マーケティングを継続するには、
院長の「気構え」が大事で、
マーケティングの優先順位を
すべての業務の中で、
TOP3までに上げることが必要となります。
(一定期間だけでも)

 

 

3、何のためにマーケティングをするのか?

 

じゃあ、
なぜそこまでマーケティングが重要か?

マーケティングの目的、
何のためにマーケティングをするかという話になると、

それは・・・

『院長とスタッフの能力が報われるように、
才能と努力の方向性を明確にするため』

です。

「ムダな努力」

という言葉がありますが、
院長とスタッフさんの貴重な時間を

効果が薄く、患者様もさほど喜ばない。

追い打ちをかけるように、
「収益にも繋がらない。」

そんなところに労力を割く暇はないのです。

 

 

4、スタッフの案をマーケティングに活用する?

 

前回のブログで、

「スタッフに案を出してもらう」

とお伝えしました。

確かにこれは重要で、
スタッフの方に案を訊くと、

a、現場レベルの、院長の目に届かない部分の案が出る
b、患者様との接触が多い分、患者様の声を活かした案が出る

これが利点です。

ただ、利点ばかりでもないのです・・・

医院のスタッフの中には、
ビジネスの勉強をしていない人も存在します。

「マーケティング」と言っても、

「ん?リサーチのこと?」

くらいの認識の人も少なくないのは否めない。

ビジネス書よりも、
ファッション雑誌に、よりお金を遣い、

ビジネス系のセミナーよりも、
ディズニーランド・USJ・ハウステンボス・ジャニーズや韓流LIVEに
行く回数の方が多い・・・

とまでは言いませんが・・・

 

ですから、
スタッフの方で
経営やマーケティングを本当に理解している人は少数派。

スタッフの案を活かせるのは、あくまで
『戦術』(手段)のみで、

やはり、
『戦略』(方向性)はトップである院長が決めることです。
(優秀なブレーンといっしょに決めると尚良し。一人では客観視が困難)

 

5、これを踏まえて、まず院長がすべきこと

とはいえ、
院長が思案して決めたマーケティングの実行には、
スタッフの方の協力も必要となってくるので、

まずは、

1、最低限、スタッフに不快感を与えない
  ↓
2、なるべくクリーンな経営をする
  ↓
3、スタッフから尊敬される

このような土台がないと、
マーケティング施策の継続が難しくなってきます。

人一人でできることには限界があるので、
まずはスタッフの一人だけでも
味方を作りましょう!

 

6、最後に

マーケティングは、

・貴重な時間とお金の使い途
・院長とスタッフの努力

を患者様にとって、
意味のある価値に繋げるモノです。

次回以降、
具体策をお伝えしていきますので、ぜひ取り組んでみてください。

ただ、もう一度言いますが、
結局は、
具体的ノウハウよりも、

『院長の気構えと優先順位』

が何よりも重要です。