イチロー選手の引退会見への
怒りに関して、
先日、メルマガの編集後記に書いたこと。
反響があったので。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】イチロー選手引退会見で思ったこと 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

昨日、イチロー選手が引退されましたね。 
その会見を、 
TVではなく、インターネットTVの、 
abemaTVで、生放送で観ていました。

「イチローのこの格言が…」 
「あのイチローでも、これだけの苦しみがあったんだ…」

等のことは、他の人が言ってくれそうなので、 
私は特段、そこには触れません。

会見を観ながら私が、他に感じたことは、 
質問をする記者に対して。 
少々のフラストレーションがありました。

「他にもっと、訊くことがあるだろう!」 
「視聴者(ファン)が訊きたいことはそこじゃないだろう!」 
「なんか、レベルの低い質問だな… 
 イチローも、最後の会見だから寛容に答えているな」

という、怒りにも似た感情です。

「充分に準備する時間はあっただろう」 
「それがプロとしての質問か?」

と少々憤ることもありました。 
(良い質問もありましたが)

もちろんこれは、 
単純に文句を言いたい話ではなくて、

そこに興味があったり、 
思いが強いだけに、 
求めることも多くなり、 
感情も動く(腹も立つ)ということです。

どうでもいい、関心のないことなら、 
腹が立つことすらありませんからね。

因みに私が記者であれば、

・「以前から、王監督のことを尊敬していると 
  おっしゃっていますが、 
  今この場で王さんに伝えたいことがあれば」 
・「50を過ぎて現役である、 
  三浦和良選手をどう見られていますか?」 
・「対戦して、一番手強いと感じた、日本人投手は?」 
・「メジャーへの道を切り拓いた野茂さんは、イチロー選手にとって、どんな人ですか?」
・「今、不安を抱えながら生きている社会人や学生もいると思うので、 
  不調であったWBCの時の心理状態に関して、 
  今であれば言えることはありますか?」

等です。

※セミナーのDVDをよく観る私ですが、
 これも上記と同じです。
 受講者の良い質問が、セミナーの質を上げます。

 参加者もいっしょに、そのセミナーのクオリティを創っているものです

 

メルマガ登録はこちら

http://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=housu