今回は、
普段の内容から少し外れて、
最近ジワジワと流行っている、音声配信アプリ
「stand.fm」
に関して、私の実感をお伝えいたします。

注)2020年9月時点

1、要点

・コミュ障・情緒不安定こそ始めるべき?
・いつしかのmixiを彷彿させる。今は混沌・黎明期
・スタエフの空気感
・スタエフを始めるのに向く人
・スタエフの今後を予想

 

2、standFMとは?

YouTubeをご存知の人は多いと思いますが、
「動画メディアの次は、音声メディアが来るのでは?」
という声もあります。

音声メディアでは、
・Podcast
・Voicy
・himalaya

辺りが知名度を上げてきていますが、
standFMも登録者が増えてきています。

『srand.fm』というアプリをインストールしたら、
結局何ができるのか?

端的に言うと

・声のみで収録されたコンテンツを聞いたり、ラジオLIVEを聞ける
・自分も配信者になれる。診査もないので、基本誰でも
・LIVE配信をすると、リアルタイムでリスナーからコメントを貰える
・LIVEの際、他の配信者と最大5名までいっしょに配信できる
・もちろん、「聴き専門」でもいい。登録も匿名OK

要するに、ラジオDJでもない、有名人でもない、
そんな、自分を「一般人」と認識している人でも
気軽に気楽に、ラジオ配信ができて、リスナーも付くというモノ

 

 

3、なぜスタエフが流行りつつあるのか?

私の分析による、スタエフのビジネスモデルは・・・

a、コロナ渦により、外出は控えるが、それでも誰かと繋がりたい欲求を満たした

b、YouTube等のビジネス系の、
「熱く生きよう!」
「仕事を頑張ろう!」
「オンラインサロンに入って、知識を手に入れ、突き抜けよう!」
的なノリに疲れた

c、配信者側も、メイクをきちんとして、服装も毎回変えて、撮影場所も片付けて、動画編集もすることに疲れてきた

d、「せーの」とか「ぶっつぶす」とかのノリに疲弊してきた
※上記は批判ではなく、一定数の価値観として存在する意

e、格上の人を崇拝することに疲れ、同じ目線の人とユルく絡みたくなった

f、YouTubeの、キャッチーなサムネの割に、中身は普通なことにシラケてきた

g、YouTubeを筆頭としたSNSの、フォロワー数が少ない人の公開処刑が自己肯定を下げる(スタエフは表記なし)

h、「家ついて行ってイイですか?」のような、他人の私生活を覗きたい願望を満たせるアプリ

このような人達の気持ちを上手く満たしたメディアとして
流行ってきているのだと感じます

 

 

4、どのような配信が多いのか?

結論を言うと、私の感触では、

『1:9』

の割合で分かれている印象です。

1→ビジネス系の自分の専門分野を情報発信
9→ユルい、「雑談しましょー」的な配信

 

本当にユルい感じの配信が多く、

・主婦が家事をしながら配信
・散歩や筋トレをしながら配信
・学生が寝る前に、布団の中から配信

このように、本当に日常生活をしながらの配信でも
一定のリスナーがいてくれたりしています。

公共の電波ではまず有り得ないことですし、
競争が激化したYouTubeでは、
考えられない世界だと思います。

ただやはり、ニーズはあるのです。

今のスタエフは、
どこか、2004年2005年頃の
「mixi」
を彷彿させます。

黎明期独特の混沌とした、
どんな内容のモノでも受け容れられる、あの感じ・・・あの世界です。

明らかに素人な、
あの、洗練されていないコンテンツでも誰かが認めてくれる、
不思議な感じです。
2020年9月現在では。

 

 

5、スタエフの利点

スタエフのリスナーは今のところ、
皆、優しい感じです。

中傷や荒っぽい言葉は、ほぼなく、
どんな配信者でも、
どんなリスナーでも、
基本、優しく受け容てくれます。

ですから、スタエフの利点をまとめると、

・職場・学校以外の人との繋がりができる
・何も持たなくて、自信のない人でも誰かと繋がれる
・自分があまり関わりのなかった属性の人の日常や考えを知れる
・ビジネス経験や人生経験がない人でも、自己表現ができる
「彼女いない歴40年」のような男性でも、jk・jd・OL等の配信者が、お客として温かく迎えてくれる(しかも無料で)
・↑男女逆も然り
・匿名・顔出しなしでも成立するので、リスナーが美化した状態で妄想してくれる
容姿に自信がない人でも、声がよければファンがつく
・顔に自信がない女性でも、「女性」というだけでチヤホヤしてもらえる
・「自分も何も持っていない」と自認している人でも、ちょっとした界隈の『アイドル』になることができる

 

↑上記が語っていることは何か?
↑上記の特性を活かすと何ができるか?

そう!
情緒が不安定な人、
自殺を考えているような人が、
自分の居場所を作れるのだ!

自分を必要としてくれる人が一定数現れるのだ!

人生に絶望して、自殺を考えているなら、
その前に、一度、スタエフのアプリをインストールしてみてからでも遅くない。

https://stand.fm/
(アフィリはしていませんし、利害関係もなし)

 

 

6、ストイックな自己研鑽好きの人にとっての利点

スタエフに一週間くらい、
どっぷりハマりこんだ場合、
次の2種類に分かれると思います。

a、「好きな配信者ができた。次のLIVEが楽しみだなー」
b、「寝不足になったな。やるべきことがはかどらんな。こりゃいかん!」と自分の本来すべきことに気付ける。考えさせてくれる

元々が、
成長好きで、ストイックな人は、
たまにユルリとした環境に身を置いて、
そして、自分の戻るべき場所の大切さに気づけます。
まさに、上記のbの状態です。
その場合、特定の配信者だけに絞って、
あっちこっち、いろいろなLIVE配信者をハシゴすることは辞めるでしょう。

上記、aとb、
どっちが偉い、どっちが正しい、どっちが間違い
といった話ではなく、自分の価値観に合った活用をすればいいだけの話です。

 

 

7、スタエフの今後を予想

今後は、利用者も増えていき変化も起こるでしょう。
もちろん、良い面と悪い面、両方浮き彫りになってくると考えます。

良い面
・利用者が増えることにより、広告収入が増え、配信者に還元される
・会社の資金調達・先行投資のバックが、配信者に還元される
・学生の「スタエフインフルエンサー」も登場しそう
・有名人やYouTuberが流れてきて、活性化する
・著名人同士のコラボも活況となりそう
・配信者が増えていき、良く言えば洗練され、悪く言えば(今のユル配信者は)淘汰される

 

悪い面
・無料・匿名である以上、いつかは荒れる。誹謗中傷リスクはある
・すでに出来上がった、「常連のみの飲食店」のような雰囲気に、一見さんは入りづらくなる
・YouTubeに疲れた→スタエフに来た→スタエフの「距離の近さ」にも疲れが来る
(訪問者全員に挨拶をしないといけない強迫観念。薄い話を聞かされる等)
・有名人が流れてきた時、今の配信者が、自分のリスナーの減少に自己嫌悪を持つ(内容を自身で洗練するしかないが・・・)
・リスナーが配信者に、愛が強くなり過ぎると、事件に繋がることも考えらえる

会社側も、上記の特に「悪い面」を見越して、対策は打ってくると思います。

 

 

8、まとめ

A、スタエフは、どんな人でも『アイドル』になれる場
B、自分を責めたり、自殺を考えるなら、スタエフでLIVEをすればいい
C、配信者の存在意義として、9割の人は「優しい人」で存在し(マーケットイン)、
1割の人は「情報提供者」で存在するのが正解のよう(プロダクトアウト)

 

 

9、編集後記

余談ですが、
スタエフのLIVE配信者に、

「作業しながらユルりと配信」
「家事をしながらまったり配信」

といったのが多いのは、
その人の心理が出ていますね。

「本当に作業しているから、コメント返しが遅くてもごめんなさい」
という意味もあるのでしょうが、
それ以外に、

・「作業中だから、片手間です。内容が薄くても仕方ないでしょ」という言い訳・逃げ口上
・「家事がメインで、配信はついでだから」と、リスナーが少なかった時に、自分に言い聞かす。ショックから守る逃げ道

という要素、深層心理もあるような気がします・・・

 

 

10、編集後記2

大きな声では言えませんが、
スタエフの特徴として、

あまり、リア充でもない人が、
『配信者と「ワンチャン」あるかも』

と空想・妄想できるアプリなので、

異性とコラボ配信するのは、自殺行為のケースも否めない気がします。

異性とのコラボ配信を積極的にしている人は、アホでしょう。

「私の好きな〇〇ちゃんのLIVEに、男が入るな!」
「私の〇〇君に、あざとい女が唾をつけるな!」

こう思うリスナーが、一定割合、
存在するかもしれないことに、想像を膨らませないといけない。